spi webテスト webテスティング 時間切れ 時間配分

SPI

SPIwebテスティングは時間切れ注意!完璧な時間配分と対策法をまとめた

この記事ではSPI WEBテストの時間切れと時間配分についてまとめていきます。

SPIウェブテストで時間切れした経験がある人は、もう一度テストに挑戦する前に気をつけるべき重要なポイントがあります。

それは「時間配分」の重要性です。テストが進むにつれて、制限時間内に答えられない問題が増えてしまい、正解できた問題を泣く泣く解くことすらできずに落としてしまいます。

SPIウェブテスト難易度が高い問題に直面した際には、どれだけ早く的確な答えを思いつくことができるかが重要となります。

時間切れになってしまうのは明確な理由があるので理由を書くとともに具体的な時間配分と対策についてもまとめます。

ちなみに無料で手に入るSPI問題集もあって、かなり有用です。200問あるのと解答と解説が詳しく書かれています。

参考書買うぐらいなら今すぐ無料で手に入るこれを使った方が便利。

こちら最新のSPIの問題集にアップデートされてるので、今まさに出題されているSPIの問題をチェックできますよ。

【公式サイト】https://careerpark.jp/

実践積んでSPI突破

今すぐ手にいれる

※今なら無料で使えます

模試も入っているので、自分の実録も計れるし問題慣れもできるので使わないと損ですよ。

SPI webテストの時間概要

まずはwebテストの時間概要です。

問題概要 時間
言語非言語合わせて実施 35分
一問あたりの制限時間 大体1分目安
問題数 回答状況による

テストセンターだと言語が終わったら非言語に切り替わって時間もリセットされます。

しかしwebテストは言語と非言語合わせて35分なので、言語で時間使いすぎると死にます。

(※といっても言語もある程度の時間まで行くと非言語に切り替わる)

1問あたりにも時間制限があり、僕がやったところ大体1分〜1分半くらいで次の問題に行きます。

(一つの設問にいくつか問題がある場合はその分制限時間が伸びる)

問題数はその人によってまちまちですが、

問題 時間
言語(約15分) 40問
非言語(約20分) 20問

と言われてます。

つまり言語は一問につき20秒で解く必要があり、非言語は大体1問1分くらいで完全回答できる計算に。

しかしほとんどの人が時間足りない!と時間配分をミスってしまいます。

その他テストセンターとの違いについてはSPIテストセンターとwebテストの8つの違い【25卒】実際に受けてまとめたにもまとめたので読んでみてください。

細かい違いがあって結構有益ですよ。

SPI テストセンター webテスト 違い
SPIテストセンターとwebテストの8つの違い【25卒】実際に受けてまとめた

この記事ではSPIテストセンターとwebテストの7つの違いをまとめてみます。 テストセンターとwebテストも同じSPIではあるんですが、実は微妙に違う部分が多く結構困惑します。 この微妙な違いが筆記通 ...

続きを見る

SPI webテストは時間切れで適当に埋めてもいい?

テストセンターは適当に埋めまくると評価落ちちゃうんですが、webテストはリアルタイムで採点してないので、いくら間違えても大丈夫。

正解数がものをいうテストなので「やべ、全然時間足りない」って最後なったらどんどん適当でもいいので埋めていくのが得策です。

それでもいいので一問でも多く正解することが大事。

SPI webテストで時間切れしてしまう理由

まず問題なんですが、SPI webテストは非言語で推論が出ないです。

テストセンターなら推論が出て、ここで大きく時間をロスする場合がほとんど。なので、この点でwebは嬉しいです。

逆に長文問題が必ず出るので対策が必須。

以上を踏まえつつ時間切れの理由を書くと、

  1. 頻出語句・熟語の成り立ちを覚えてない
  2. 非言語公式を覚えてない
  3. 電卓を使ってない
  4. 時間を測って練習してない
  5. 長文で問題文から読んでいない
  6. 問題に慣れてない

こんな感じです。

頻出語句・熟語の成り立ちを覚えてない

言語の最初は熟語の成り立ちなどです。

この問題はパッとみて10秒くらいで答えれるとあとになって時間の貯金を貯めることができます。

ただし、頻出ワードを覚えてないと瞬時に解くのは難しいです。

そこまで難しくないので覚えたり目を通すだけで、本番も同じ問題に出くわせますよ。

下にまとめた記事を載せておきます。

SPI言語の熟語の成り立ちの語句を一覧と解くコツをまとめてみた

SPI 熟語の成り立ち 一覧 コツ
【25卒】SPI言語の熟語の成り立ちの語句を一覧と解くコツをまとめてみた

この記事ではSPI言語の熟語の成り立ちの語句を一覧と解くコツをまとめてみました。 語句を覚えるのも大事ですが、同時に熟語の成り立ちもある程度覚えておかないと序盤で不正解を連発しちゃいます。 ある程度頻 ...

続きを見る

非言語公式を覚えてない

非言語は公式を覚えるだけでこちらもサクサクと解けます。

特にwebテストは公式で対処しづらい推論が出題されないので、実質的に公式丸暗記で全部の問題に対応可能です。

1日もあれば公式抑えられるので抑えるのがおすすめ。

公式覚えれば一発で解ける問題も多いので、それを問題集で実践すれば怖いものなしです。

SPIの非言語公式一覧!28種類の公式丸暗記で例題解きながら解説

spi 非言語 公式一覧
SPIの非言語公式一覧!40種類の公式丸暗記で例題解きながら解説

この記事ではSPI非言語の公式を一覧にしてまとめてみます。 とりあえずSPIの非言語は難しいわけですが公式を丸暗記するだけで、点数が飛躍的に上昇していくので公式覚えるゲームです。 これ覚えてないと丸腰 ...

続きを見る

長文で問題文から読んでいない

これ結構やってない人がいるんですが、言語の長文問題は問題から読みましょう。

いきなり問題文読むと、だらだらとなにもフォーカスせずに読むことになるので、何回も同じ文章読む羽目になります。

なにを聞かれているのか?を知った上で解くと長文の解くスピードが上がります。

電卓を使ってない

webテストの場合は電卓が使えます。

わりとややこしい計算とかもあるし筆算ミスりやすい人は電卓を使う事でスピードアップと&正解率アップが見込める

時間を測って練習してない

家でSPI青本と赤本使って勉強すると思うんですが、この時最初はだらだらやってもいいです。

でも次第に時間制限ありで解かないと本当に意味での実力はつかないです。

問題に慣れてない

参考書には1〜3回分ぐらいの実践問題とかがあるんですが、正直これだけでは量が足りないです。

SPI練習で受けられる企業で受けたりアプリのSPI模試を受けるなどしてどんどん実践を踏むのが大切。

問題に慣れてくるとどんどん解法スピードも上がっていきます。

これ結構高学歴の層でもSPIが原因で落ちる人が多いのでちゃんと対策練っておかないといくら良いESを作り上げても落ちます。去年も結構いました。

実は裏技としてLognaviを使うとSPIの模試ができるだけでなく、自分の偏差値も出ます。

このアプリでは10段階で出るんですが時間配分をチェックすることも可能です。

問題数も豊富で、高得点かどうかの判断ができるので使わないのは損だ。しかも、ここの問題は本番でも出ると評判です。

※アプリなのでスマホからリンク飛ぶと登録しやすいです。

公式サイト:Lognavi

\SPIの出来が分かる!/

今すぐ使ってみる

※SPI模試で対策を完璧に

SPIで落ちたら後悔するので、こういうので実践詰んで本番挑んだ方が確実ですよ。

SPI webテストの時間配分

言語は一問につき20秒で解く必要があり、非言語は大体1問1分くらいで完全回答できる計算になります。

言語は熟語などは数秒で解けるので、他にもう少し時間を掛けられる計算になります。

どうしても長文は時間かかるのでそこで時間を使いたいところ。

非言語は図表の読み取りと整数の推測で時間を使いがち。

その他は公式丸暗記で一発で解けるようになるので、そこで時間を短縮して、読み取りと推測に時間をかけたいところです。

SPI webテスト時間切れのまとめ

ということでSPI webテストで時間切れになる人は結構多いです。

時間切れでも受かる場合はあるんですが、やっぱり最後まで終了した方が問題も多く解けていてそれだけ正解数が増えるチャンスなので最後までいきたいところ。

ボーダー高い企業によってはそこで運命が別れてしまうこともありえます。

SPIは比較的公式や語句を覚えるだけでかなりの問題に対処できます。また何回も参考書やSPI模試をする事で、同じような問題に出くわす事もあるし、頭が覚えていてすぐに「ああ、これか」と解けるようになります。

どんなに偏差値低い大学の人でも一定数偏差値55ぐらいまでは押し上げることができるのでやらなきゃ損です。

上記の内容を元に時間切れにならないように時間配分をみつつ解くスピードをあげてみてください。

無料で手に入るSPI問題集があるんですがかなり有用です。200問あるのと解答と解説が詳しく書かれています。

参考書買うぐらいなら今すぐ無料で手に入るこれを使った方が便利。

こちら最新のSPIの問題集にアップデートされてるので、今まさに出題されているSPIの問題をチェックできますよ。

【公式サイト】https://careerpark.jp/

実践積んでSPI突破

今すぐ手にいれる

※今なら無料で使えます

模試も入っているので、自分の実録も計れるし問題慣れもできるので使わないと損ですよ。

  • この記事を書いた人

就活の名人

就活の名人が運営。SNSフォロワー6000人突破。年間200万人が読む就活メディアを運営。300人以上の就活生の相談に乗ってきました。就活メディアを運営するビューイング株式会社創業。

-SPI